top of page

鍛えすぎるとデメリットになる?

ふくらはぎ筋肉役割

鍛え方ポイント

累計4000名以上を対応してきた

キャリア20年のトレーナーがお伝えします。

from 宇都宮 裕

AdobeStock_95354855.jpeg

下半身を鍛える、、、

 

そんな時によく引き合いに出されるのが、ふくらはぎの筋肉です。

ふくらはぎの筋肉は、地面を蹴る動きで使われたり、心臓に血液を押し戻して血液循環を助けるポンプ作用があるので、健康面でも歩く動きや走る動きの中でも大切な役割を持ちます。

 

もしかすると、あなたも日々、意識してトレーニングされているかもしれません。

ただスポーツでも日常でも、しなやかに動くためには あまりこの筋肉を鍛えすぎない方がいい、ということをご存じでしょうか?

今回の記事では、、、

✅なぜ鍛えすぎない方がいいのか?

✅代わりにどういった部分を鍛えていくといいのか?

 

等ということについて解説していきたいと思いますので、こういった内容にご興味ある方は、ぜひ最後まで見てみてください。
 

ふくらはぎの筋肉を
​鍛えすぎない方がいい理由

AdobeStock_527273753.jpeg

ちょっと思い出してみてください。

しなやかなでスピーディーな動きをしている黒人アスリートのふくらはぎを。

細くて引き締まっている方が多いですよね。実際、スポーツに限らず、良い姿勢で颯爽と歩く人もふくらはぎが太い人はあまりいません。

​それには次のような理由があります。

AdobeStock_89817720.jpeg

①ふくらはぎが太くなることで重りになる

ふくらはぎの筋肉を強く使って鍛えていくと、ふくらはぎの筋肉自体が大きくなってきます。

この状態は、常に脚の先に重りをつけているような状態になりますので、しなやかに動きづらくなります。

AdobeStock_597477246.jpeg

②足首を強く使う動きがクセづき 疲れやすくなる

 

ふくらはぎを鍛えるエクササイズ等をしていくと、ふくらはぎの筋肉が影響する足首を強く使う動きがクセづきやすくなってしまいます

ふくらはぎの筋肉は、お尻や太ももの筋肉に比べると、あまり大きい筋肉ではありませんので、その筋肉を酷使していくような動きがクセづくと、疲労が蓄積しやすく、疲れやすい状態になってしまいます。

ですので、、、

つま先立ちになってふくらはぎの筋肉に力を入れる、つま先だけでのジャンプを繰り返す…等ということもあまりしない方がいい、というわけです。

ふくらはぎは

筋肉の太さより柔軟性が大事

AdobeStock_164054459.jpeg

ふくらはぎの筋肉には筋肉の太さというよりも、柔軟性や弾力性が求められる場所です。

冒頭でお伝えしたポンプ作用を考えて頂くとわかりやすいと思いますが、心臓に血液は全身をめぐりますが、足先にめぐってきた血液は重力の影響があるので、自然には心臓の方へ戻っていきません。

これを押し戻す役割の多くを担っているのが、ふくらはぎの筋肉です。

AdobeStock_501261897.jpeg

ふくらはぎの筋肉がタイムリーに緩んで、縮んでを繰り返すことでポンプの様に動き、血液を心臓へ送り戻すのを助けています。

ふくらはぎの筋肉を硬く鍛えてしまうと、このポンプ作用がスムーズに働きませんので、柔軟性や弾力性が必要になるというわけです。

歩く、走る等の動きでは

ふくらはぎ より骨盤が大事

歩行.png

前述のように、歩く、走る等の動作の中でも、このふくらはぎの筋肉が過剰に緊張するような使い方は疲れやすく、しなやかに動けません。

大事なことは、足首で地面を強く蹴るのではなく、骨盤が足首、ひざの上に乗りこんでいくことで前に移動する力を生み出すこと。

お尻やもも裏等の大きな筋肉が使えるので、疲れづらくしなやかな動きになりやすくなります。


またこういった動きを繰り返す中で、自然にふくらはぎも良い形で使われるので、必要な筋力、柔軟性は高まってきます。

こういった身体の使い方を身につけるための具体的な方法としては、こちらの動画で紹介している内容が参考になるかもしれませんので、ご興味ある方は見てみてください。

ポイント①

台などに手を添えて腰幅のスタンスで立つ。(体重は外くるぶしの下から薬指の付け根をイメージ)

ポイント②

ひざの位置は靴紐の結び目の真上あたり。

ポイント③

ひざの位置を変えずに骨盤を前後に動かす。前に立ち上がる時はひざを伸ばすのではなく、ひざの上に骨盤が乗り込んでいくイメージ。

しなやかに動くための鍛え方について

専門家に ご相談されたい方は...

スクリーンショット (1516)_edited.jpg

理学療法士が研修を務めるジムの専門知識のあるトレーナーに 無料で相談してみませんか?

 

お身体の状態を確認のうえ、良くなるための方向性をお伝えするとともに、改善に必要なトレーニングの一部を実際にご体験頂けます。

 

トレーニングと言っても、身体に強い負荷をかけるようなきついものではなく、軽い負荷で筋肉の柔軟性を高めるトレーニングなので、現在、お身体の故障や不調を抱えている方も負担をかけずに無理なく行って頂けます。

 

ご興味ある方は、こちらから詳細確認の上、ご活用ください。

■この記事を書いた人

記事LP⑪.png

宇都宮 裕(うつのみや ひろし)

​ワールドウィング雲水グループトレーナー(キャリア22年)

大学のバスケ部時代にウエイトトレーニングに真剣に取り組んだ結果、かえって故障が増え、身体も動かなくなり、従来のトレーニングや練習方法に疑問をもつ。そんな時プロ、オリンピック選手からリハビリの方までが通うワールドウィングエンタープライズに出会い、正しい身体の使い方、トレーニング方法を学ぶ。現在まで累計4000名以上の方のトレーニングをサポートしている。

bottom of page