top of page

累計4000名以上を対応してきた
キャリア
20年のトレーナーがお伝えする

オスグッド原因予防方法

子供さんの痛みなく動けるようになるための

姿勢づくりストレッチのポイントを解説します。

AdobeStock_387376615.jpeg

from 宇都宮 裕

スポーツで頑張っている子供さんに、突然現れるひざの痛み。


その一つがオスグッドシュラッター病です。

 

痛みのためにしばらく練習のお休みを余儀なくされると、体力や技術面の低下だけでなく、子供さんのメンタル面での心配もあります。

 

また、この手の痛みは、安静にして痛みがなくなっても動くとまた痛くなる、というケースも多く、思うように動けない期間が長期化してしまうケースも多いです。

 

そこで今回の記事では、オスグッドという状態になってしまう根本的な原因と 再発予防に向けてのポイントをお伝えしたいと思います。

オスグッドは
成長期に必ず起こるものではない

AdobeStock_284810609.jpeg

まずオスグッドは成長期に必ずなるものではない、ということをお話したいと思います。

オスグッドはスポーツに取り組む成長期の子供さんに多く、オスグッドの痛みは、成長期が終わるまで症状は良くならない、ということもよく言われます。

 

実際、練習に参加すると痛くなるので、痛みが治まるまで休む、少し良くなって再開したらまた痛くなってまた休むを繰り返す、といったケースも少なくありません。

 

確かに成長期に起こるのは間違いないと思いますが、スポーツをするすべての子が成長期にオスグッドになるわけではありません。

 

なので、そこには成長期ということやスポーツをしている、という以外の点で原因があると考えるべきです。
 

オスグッドになる人、ならない人

AdobeStock_267058797.jpeg

オスグッドは前ももの筋肉の停止部であるひざ下部分が、この筋肉に引っ張られてストレスを受け、骨が引っ張り出されてくる、という病態です。

つまり、前ももを強く使いすぎているということが原因なので、前ももをしっかりストレッチすることがよく勧められます。

 

確かに、これらは間違いではないと思いますが、どれだけ前ももをしっかりストレッチしても、スポーツ動作の中で前ももに負担がかかる状態があれば動くとまた負担がかかるので、なかなか根本的な改善には至りません。

実際、同じ練習していてもオスグッドになる人とならない人がいるのは、このためです。

前ももに負担がかかるのは

骨盤に原因がある

koukei.png

では、実際の動作の中で前ももに負担がかかりやすいのはどういう動きかということですが、大きな原因の一つが骨盤が後傾した状態での動きです。

骨盤後傾とは、骨盤が後ろに倒れるような状態で腰、背中が丸くなり、姿勢としては猫背のような状態になります。

 

こうなると腰の位置が下がるので、真っ直ぐ立っている中でも ひざが曲がってしまいます。

この状態で前ももを触ってみて頂くと、硬くなっていると思います。

 

立っているだけで緊張しているので、この状態から動くとなるとさらに前ももはストレスを受け、必要以上に負担がかかってしまいます。

 

つまり、この骨盤後傾状態を解消できれば、スポーツ動作の中でも前ももに負担がかかりづらくなり、オスグッドの根本的な改善につながります。
 

骨盤後傾を解消する2つのポイント

sisei.png

骨盤後傾を解消するポイントは大きく2つあります。

①裏ももの筋肉を柔らかくする

裏ももの筋肉は、骨盤とひざ下の骨をつなぐ筋肉で、硬くなると骨盤を下に引っ張り、骨盤後傾を助長します。

ですので、裏ももの筋肉を柔軟性が高まると、骨盤が後傾しづらくなり、その結果、普段のスポーツ動作の中で前ももに負担がかかりづらくなる、というわけです。

具体的なポイントをよくあるストレッチの中でお伝えします。
 

stretch3.png

こちらはベンチ台を使ったストレッチですが、骨盤が後傾して裏ももが硬くなっている方は、このストレッチ自体で骨盤が後傾してしまい、かえってこのバランスを助長してしまいます。

stretch4.png

骨盤が後傾しないでストレッチするには、無理にひざを伸ばそうとせず、少しひざが曲がった状態をつくったり、台から足首を出して足首の角度を緩めるなど、少し楽な体勢をつくって行うことが大切です。

②骨盤が後傾しない姿勢をつくる

もう1つのポイントは、骨盤が後傾しない姿勢自体のつくり方です。

スタンスや体重が乗る位置等で骨盤のバランスは変わりますので、このポイントを押さえて良い姿勢をクセにしていくことが大切です。

 

具体的にはまず腰幅のスタンスで立ちます。

kosihaba.png

腰幅の目安としてはこぶし2つ~2つ半くらいになります。

脚の付け根は股関節なので、腰幅くらいのスタンスで脚は真っ直ぐになります。

 

次につま先を真っ直ぐに向けて、足裏の外側に体重が乗る状態をつくります。

スクリーンショット (1171).png

親指側に乗るとせっかく真っすぐに揃えた脚のラインが崩れてしまうので、土踏まずの外側から薬指の付け根あたりでバランスを取ります。

この状態から腹筋を上に伸ばすように両腕を上に上げていきます。

kyojou2.png

下半身のバランスが正しく取れていれば、この状態で骨盤が後傾しない安定したポジションがつくれます。

 

オスグッドでお悩みの方や今後、オスグッドにならないように予防したいという方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

姿勢のつくり方の動画解説はこちら

オスグッドや

その他身体の状態について

専門家に ご相談されたい方は...

IMG_5425_edited.jpg

理学療法士が研修を務めるジムの専門知識のあるトレーナーに 無料で相談してみませんか?

 

お身体の状態を確認のうえ、良くなるための方向性をお伝えするとともに、改善に必要なトレーニングの一部を実際にご体験頂けます。

 

トレーニングと言っても、身体に強い負荷をかけるようなきついものではなく、軽い負荷で筋肉の柔軟性を高めるトレーニングなので、現在、お身体の故障や不調を抱えている方も負担をかけずに無理なく行って頂けます。

 

ご興味ある方は、こちらから詳細確認の上、ご活用ください。

■この記事を書いた人

記事LP⑪.png

宇都宮 裕(うつのみや ひろし)

​ワールドウィング雲水グループトレーナー(キャリア22年)

大学のバスケ部時代にウエイトトレーニングに真剣に取り組んだ結果、かえって故障が増え、身体も動かなくなり、従来のトレーニングや練習方法に疑問をもつ。そんな時プロ、オリンピック選手からリハビリの方までが通うワールドウィングエンタープライズに出会い、正しい身体の使い方、トレーニング方法を学ぶ。現在まで累計4000名以上の方のトレーニングをサポートしている。

bottom of page