top of page

累計4435名を対応してきたジムのトレーナーからの提言

​※2022年年5月現在

身体が硬い人ほど知ってほしい!

トレッチで柔軟性を高めるために

伸ばすより大切なこととは?

415483424_851812130287430_1900524076656938331_n.jpg

from 宇都宮 裕

ストレッチは大事、でも...

健康のため、故障を防ぐため、スポーツのために、ストレッチに取り組む人は多いと思います。

 

ただ、一生懸命ストレッチに取り組むものの、なかなか柔らかくなならない、という状態になっていないでしょうか?

「私は生まれつき身体が硬いからしょうがない…」

そんな風に諦めてしまっている方もいるかもしれませんが、実際はストレッチで大事にすべきポイントを誤解しているために成果が上がっていなかったり、かえって身体を硬くしてしまっているというケースがとても多いんです。

伸ばしっぱなしにしていませんか?

404255279_824705292998114_3055985582898455724_n.jpg

ストレッチというと...


じっくり筋肉を伸ばせばいい、と思いがちですが、これではなかなか柔軟性は高まりません。

 

なぜかというと身体に力が入りっぱなしで、一般的な筋トレをしている時と同じような状態になるからです。


筋肉は伸ばされると元の長さに戻ろうとする性質があるのですが、ストレッチで伸ばしっぱなしにするのは、この元に戻ろうとするのを無理矢理止めているような状態。

 

車で言えばブレーキとアクセルを一緒に踏んでいるような状態なので、柔らかくなるどころか、身体にとってはけっこうな負担になります。

ではどうするといいか?

AdobeStock_404775831 (1).jpeg

ポイントは、筋肉が軽く伸びるのを感じたら、しっかりゆるむ位置まで戻すこと。

筋肉が伸ばされた後、ゴムやバネのように元の長さに戻ろうとするタイミングで、筋肉がゆるむ位置まで戻す。

 

これをうまく行っていくことで、筋肉の強い緊張状態ができずにリラックスした状態を保ちながら柔軟性を高めやすくなります。

実際のストレッチのイメージ

ただし、、、

PAKU6235_TP_V4.jpg

伸ばす前の姿勢から、すでに筋肉が伸ばされて緊張している状態だと、ゆるむ状態は作れません。


その場合は少し楽なポジションから始められる工夫が必要になります。

 

よくある裏もものストレッチでの例をお伝えすると、、、

図11111.png

①ヒザが曲がった状態をつくる
 

裏ももの筋肉は、ひざが伸びた状態の方が伸ばされて緊張が強くなるので、ひざを曲げると少し楽なポジションになります。

図111111.png

②足首がゆるんだ状態で行う

 

足首の角度は、つま先がスネ側に近づく程、ふくらはぎの筋肉を介して裏ももの緊張が強くなりますので、足首をベンチから出す等して、つま先がスネから離れた角度をとることで、比較的楽な姿勢になります。

図111113.png

③おしりの下に台等を入れる
 

お尻の下に台等を入れて、お尻位の位置を高くすると相対的に脚の位置が下がるので、最初の体勢としては楽な状態を確保しやすくなります。

これらを組み合わせて、よりリラックスできる体勢をつくることも効果的です。

ぜひうまく取り入れて、ストレッチで柔軟性を高めるきっかけにして頂ければと思います。

ストレッチよりも効果的に

柔軟性を高めたい方は…

AdobeStock_195165281.jpeg

柔軟性を高めるためにストレッチは一つの方法ではありますが、すでに身体が硬くなってしまっている場合は、なかなかその体勢が取れません。

 

​無理矢理取ろうとすれば、かえって身体が緊張して硬くなってしまう可能性もあります。​

そこでおススメできるのが「初動負荷トレーニング」です。

初動負荷トレーニングは、軽い重りを使ってストレッチしているようなイメージで​、マシン自体が筋肉の伸びる体勢をつくってくれます。

このなかで、​​筋肉はリラックスした状態で伸ばされ、​負担をかけずに柔軟性を高めることができます。

実際のトレーニングの様子はこちら

初動負荷トレーニングにご興味ありましたら、無料体験のご案内等、詳細をホームページにまとめていますので、ぜひ見てみてください↓↓↓

■この記事を書いた人

記事LP⑪.png

宇都宮 裕(うつのみや ひろし)

​ワールドウィング雲水グループトレーナー(キャリア22年)

大学のバスケ部時代に基礎練習やウエイトトレーニングをハードに取り組んだ結果、故障が増え、身体も動かなくなり、従来のトレーニングや練習方法に疑問をもつ。​色々と模索する中でワールドウィングエンタープライズに出会い、正しい身体の使い方を学んだ結果、ケガが激減。パフォーマンスも高まり、長年の疑問に対する「答え」だと確信した。現在は、負担のない身体の使い方等をワールドウィングのジムでお伝えしている。

bottom of page